インタビュー

久我山駅前歯科・矯正歯科
中澤先生

久我山駅前歯科・矯正歯科 中澤先生

1年目のマンツーマン指導にて、田中先生から学んだ印象的なことは何ですか?

田中先生から学んで一番良かったことは、もちろん技術面も沢山あるんですけど、カーネギーの本を1章ずつ読む機会があって、自分の気持の持ち方が変わったことです。入社した時は矢印がすごく自分に向いていて、自分のことでいっぱいいっぱいだったんですけど、田中先生から「泥棒にも言い分はある」というお話をしていただいた時にすごく腑に落ちたんです。

周りの方に対してどうしてそんな風に動くんだろうって思っていたのですが、あ、こういう風に思ってくれたからだ!ってポジティブに考えて理解できるようになったので、自分もすごく気持ちが楽になれたんです。何かあっても、必ず理由があるはずって考えるようなったら周りにも優しくなれたので、そこが私の分岐点となりました。

私は、こうだ!って思うと突っ走ってしまったり、何か決まりがあったりすると、それに沿ってないと何で?って思ってしまうことが多かったんですけど、あえてそうしなかったところにも理由があったはずで、考え方に柔軟性が持てるようになったかな、って思います。

技術面ではどうですか?

異動して特に思うのが、難しそうな治療の時は田中先生がアポを切ってアシストに入っていただいたりしてたんです。今はそれが難しいので、理事長にちゃんと時間を取ってもらって、分かりやすく教えて貰えるという環境がとても有り難いと思いました。何かやる前にもデモンストレーションをしてその動画を撮って良いよって言って下さって。それを見て自分でも確認出来たので、学校に近い感じで、とてもためになりましたし、言葉じゃなくて実際の手元を何回も見直せたのが良かったなと思います。

昨年末から久我山へ異動されましたね。変化したことは何かありましたか?

渋谷ではアシストがメインでしたが、久我山ではすぐにアポイントが埋まっている状態で、他の先生方は2列3列診るのが当たり前で、忙しさという面では全然違います。久我山はとにかく実践という感じで、もちろん私は実践をしたかったのでたくさん治療できることはすごく有り難いです。その分自分の出来ないことが浮き彫りになってます。それでも今のうちに忙しい環境に慣れておかないと、後になって突然忙しい状況になっても、その時には自分のこだわりも強くなっているでしょうし、そのスピード感に対応できないかもしれないので、早めにこの環境にいられるのも有り難いです。

ただ、今はとにかく技術がついていかなくて・・・。でもやるべきことが明確になりました。先輩からも「1年目は時間かけても良いから丁寧に治療した方が良いよ」って言って下さって、自分の患者様に集中できるようにサポートしていただいています。一方で院長の白須先生がいらっしゃる時は、全て同時進行で進めて行くので、丁寧な診療と、スピード感のある診療の両方を経験させていただいてます。

まる歯はDR間の距離が近いですよね。だからこそ周りの先生から、先輩からの教わり方とか、休みの日の過ごし方まで教えて貰えるし、自分が狭い世界で行きてきた分、経験値が高い先生方のお話が聞けるので色々学ばせていただいています。

今後の目標は?

2年目が終わるぐらいには、自信を持って最後まで一人で治療が出来るようになりたいです。3年目にはインプラントも出来るようになりたいと思ってます。田中先生からはスペインにいる審美の先生のお話も伺って、そこでも学んでみたいっていうのもありますし、来年参加する5Dのセミナーは保存系の内容なので、ペリオやインプラントも行ってみたいです。他にも資格を取るための勉強をしたいと考えています。もちろん普段の治療もがんばります。

医院的なこととしては、スタッフの皆さんが働きやすい環境を作るために自分が5分前に治療を上げるなど心掛けたいです。あとは竹下先生のように院長とスタッフの皆さんの間に入ってフォローできるように、クッションのような人に私もなりたいなって思います。

Entry

PAGE TOP